<イベント開催報告>2022年6月15日(水)

第2回「地域循環共生圏・脱炭素がつくる、まち創り」シンポジウムを開催いたしました。

 

6月5日諏訪広域脱炭素イノベーション協会は「地域循環共生圏・脱炭素がつくる、まち創り」シンポジウムを茅野市市庁舎大ホールにて開催いたしました。

 

内容詳細は以下の通りです。

当日プログラム

 第1部<地域取組発表>

 諏訪市 市民環境部 環境課 中澤健一課長

 茅野市 ゼロカーボン推進室 鷹野鉄也室長

第2部<基調講演>

 環境省事務次官 中井徳太郎

第3部<パネルディスカッション>

 環境省事務次官 中井徳太郎

 諏訪市長 金子ゆかり

 茅野市長 今井敦

 コーディネーター一社)諏訪広域脱炭素イノベーション協会代表理事 元木誠

 

  諏訪市金子市長より開会として、昨年11月の第1回シンポジウムでも中井事務次官のご講演にて大変刺激を受け、諏訪市も3月26日にゼロカーボン宣言をしたところです。地域を超えて、タッグを組み、協働して、脱炭素、地域環境対策に取り組んで参りたい。と挨拶されました。

 

 元木代表理事は、地球規模の温暖化、気候変動の中、立場や地域を超えて、地球環境問題、温暖化対策、SDGsを自分事と捉え、一人ひとりが出来る事は何かを考え、皆が協力して実施し、イノベーションを起こす機会としたいと宣言し開会しました。

 

 ≪地域取組発表≫ 

〇諏訪市 市民環境部 環境課 中澤健一課長

諏訪市は、令和4年3月26日にゼロカーボン宣言を行い、高原湖畔都市から脱炭素社会を目指すとして、製造業、宿泊業、金融業、建設設備業など148社の賛同を得て、ゼロカーボン元年としてスタート。

市民、事業者、行政として、再エネの利活用とCO2吸収源の増加、ライフスタイルの変革推進、持続可能な社会、機構変動に備えたまちづくり、循環型社会実現、ごみの再資源化の4つの取組を宣言。

 

〇茅野市 ゼロカーボン推進室 鷹野鉄也室長

茅野市は、本年度より「ゼロカーボン推進室」を設置し、市民、事業者、各種団体等の皆様と市が協働して地域の地球温暖化対策を積極的に実践・推進するために活動。

今後の取組として、茅野市の特性を踏まえた将来像・脱炭素シナリオ・実現に向けた推進体制の検討・ロードマップの作製を行っていく方針。

 

≪基調講演≫ 環境省 事務次官 中井徳太郎氏

 中井次官は講演内で、森、里、川、海のつながりが生む資源を地域で循環利用して、自立・分散型社会を形成し、各地域が支え合う「地域循環共生圏」を紹介されました。

 そして、脱炭素社会、循環経済、分散型自然共生社会への移行し、地域の資源・活力を活かすことが大切と力説されました。

 

シンポジウムの内容は以上になります。

最後に、今回シンポジウムにお越しくださった方々をはじめ、ご後援をいただいた団体様、様々なかたちでサポートしてくださる皆さまに改めて感謝の気持ちをお伝えさせて頂きます。